古代歴史タイムマシン

古代の歴史が大好きなシルルです。
文明のこと、昔の生きもののことを
たくさん調べたいと思っています!
どうぞよろしくおねがいします♪

<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.02.09 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2012.08.20 Monday

シカゴ空港にて

空港にも恐竜。
もしかするとブラキオサウルス? 
シカゴ空港

2012.08.14 Tuesday

Panda

生まれたばかりのパンダは、目が見えなくてとても弱く、そして無力です。
体重は約4オンス。(1本のバターのサイズ。)
お母さんに気がついてほしい時は、キーキーって大きく泣きます。
国立動物園


動画を撮ってくればよかったです。
国立動物園

国立動物園 (National Zoological Park) にて


2012.08.12 Sunday

Titanoboa


長さ 約48フィート 重さ 約2,500ポンド
獲物の体に巻きつき、獲物が息を吐くたびにその力を強め窒息させます。

Titanoboa

詳しくはこちらで。↓
http://www.smithsonianchannel.com/site/sn/show.do?show=140671


Titanoboa

2012.08.11 Saturday

首振りアインシュタイン

                          首振りアインシュタイン

2012.08.05 Sunday

恐竜の研究史・・・続き

国立自然史博物館(アメリカ)にて。

国立自然史博物館 

解説は、2007年3月4日の記事をご覧ください。⇒http://silurian.jugem.jp/?eid=88

2012.08.03 Friday

国立自然史博物館・・・その2

国立自然史博物館

国立自然史博物館

国立自然史博物館

国立自然史博物館

国立自然史博物館

 国立自然史博物館(アメリカ)にて。

2012.08.02 Thursday

ディメトロドン

ディメトロドン

 国立自然史博物館(アメリカ)にて。

2012.08.01 Wednesday

国立自然史博物館・・・その1













国立自然史博物館(アメリカ)にて。

2012.07.29 Sunday

アーケロン

アーケロン 
国立自然史博物館(アメリカ)にて。

2012.07.22 Sunday

シルル・・・17歳の夏  夢を持ち続けて

追記★変換ミスがありましたので、7/23訂正しました。m(_ _)m
※超多忙な娘の許可を得て、シルルママが代わりに更新しています。

現在高校3年生のシルルは、とても忙しい毎日を送っています。
ブログもずっとお休みしていますが、いろんなことに興味が広がりながらも
シルルの気持ち(夢)は 「古代歴史タイムマシン」(旧・恐竜調査隊)を開設した時から
変わっていませんでした。
シルル、17歳の夏・・・
国立自然史博物館(アメリカ)にて。
国立自然史博物館

彼女の夢は、大空に羽ばたきました。
国立自然史博物館


ブログを始めた当初は、まだ喘息の発作も出ていて、よく学校を休んでいました。
その頃の彼女の楽しみは、大好きな恐竜の本を読んだりブログの記事を書いたり・・・
そして、更新するたびに閲覧してくだったみなさんのコメントを大きな励みにして
大人しくて、引っ込み思案でちょっと変わった女の子だったシルルは、
自分が好きなこと、興味があることを自信を持って発表できる子どもへと
成長してゆきました。

振り返れば、小学生の頃のシルルの夢は、上野の国立科学博物館に行くことでした。
その頃は諸事情で、行くことができても中学生か高校生になってから・・・
そんな風に考えていたのですが、ある1枚の写真を見た瞬間、その数ヵ月後に
夢の博物館の前に立つシルルの姿がありました。
そして、写真のティラノサウルスを自分の目で見た時の大きな感動・・・。
もしもあの時の写真がなかったら・・・そして、あの時期に国立科学博物館に行っていなかったら・・
シルルの気持ちは、このような形でつながらなかったかもしれません・・・。

恐竜が好き・・・動物が好き・・・生きているものみんなに興味があって
その生命を育む地球が気になるから、生物だけじゃなくて地学や化学や物理も気になる・・。
うまく書けないのですが、彼女の気持ちはこのブログを始めたときのまま
今も変わることなくずっと続いています。



続きを読む >>

▲top